数学を応用したパズル

ども!小道具のAKIRAです

今日は手作りのパズルと数学の関係を

かなりマニアックに紹介します(笑)
えっと、大人になってから、
中学校の数学は役に立ちます?☆

何言ってんだって感じですよね
小学校のおやじブログですけど
まぁ少しだけ( ´艸`)

まず、直角を私達大工は計算しなければ
家の四角形が出来ません

ここでピタゴラスの3:4:5を使います
ピタゴラスは(3×3+4×4)=5×5になりッス

私達はそれを現場でまさに使って
大きな家を直角に作ってます(笑)
これ、本当ですよ~うふふ

大工さんにも教科書があります

これが教科書の一つ、規矩術と言います

ちょっとマニアックですかね??(笑)うふふ

 

 これが教科書です↑うふふ

 

そして

こな感じの教科書ですそして、そして

 

この絵は、基本三角形と言います

昔から全く変わってません(笑)

勾、殳、玄(こう、こ、げん)

これでほとんど計算できます。

ですが、最近はほとんどプレカット(すべて工場による

コンピューター造作)

これにより、機械で家の軸組みすなわち構造体が

ほぼ完成できてしまうのです・・すげェ~~!!!

あとは三平方の定理ですね

直角三角形は1:1:√2です・・よね?√2は

1.414213とかです、これにより対角線の長さが出ます!

さらにその√のめんどくさい計算を道具がしてくれています

 このように表と裏に二つの目盛が付いています

そして、それを応用した

おもちゃがコレです

 

 手作りのパズルです

ハンドメイドですねェ~~

 

組み立てると

 

金平糖です・・(笑) 日野小学校の子へ、たま~にプレゼントしてます(笑)

次回はこの金平糖を

どんな風に作っているのかをUPしたいと思いますね☆

AKIRA

akira の紹介

ブログ担当のアキラです38才になりました 大工をしてます、おやじの会では副会長をしてます 酉年、うお座のA型です、 趣味はウィンタースポーツです スキー、スノボ☆
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

数学を応用したパズル への3件のコメント

  1. 清水克則 より:

    聡凄いね~(^-^)/
    あのおもちゃにこんなしっかりした原理が有ったとは(^.^)
    勉強になったよ(*^^*ゞ

  2. 匿名 より:

    今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

  3. akira より:

    ありがとうございます
    この作品を正確に作る技術は
    勘もひつようですね~

    どもです(^〇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">